5/3(日)講座

* 開始時間順


【講座02】あなたに役立つ動きの学習-進化学と解剖学と力学の実践と知識

2020年5月3日

10:00-17:00

14,000

02sawaguchi

講師: 澤口 裕二
(介護老人保健施設エーデルワイス施設長 / 日本キネステティク普及協会学術担当理事)

動きの基礎はヒトの体の構造=解剖と重力の良い関係を築くことです。まず寝返り、起き上がり、立ち上がりの動作から重力の下での骨格の楽な使い方=エネルギー消費を最小限で最大の効果を上げられることを体験してもらいます。そのあと解剖の細かい知識を提供し動物としてのヒトの解剖、骨格が進化のプロセスでどのように変化してきたかを、動物の骨格標本、ヒトの可動性骨格モデル、ロボットによる動きの再現、参加者自身の動きの体験を通して示します。
動きやすい服装で御参加下さい。床に寝て動きを体験します。
*ヨガマットをご持参ください。
 
(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座26】ドイツ発祥トレーニングプログラム「bodyART®トレーニング」

2020年5月3日

10:00-12:00

4,800

26masukokobin

講師:
増子 俊逸(bodyART/deepWORK JAPANエデュケーター)
コービンあやこ(bodyART/deepWORK JAPANマスタートレーナー)

bodyART™ Trainingは、ヨガ・ピラティス・太極拳など、様々な要素を取り込んだ、世界20カ国で愛されているドイツ発祥のマットエクササイズです。レッスンは5つのパートから構成されています。中国の陰陽の概念を基に、吸う息に合わせて伸び、吐く息に合わせて緩めるというように、呼吸に伴った身体の伸縮を意識したオリジナルのエクササイズを行います。また身体をしっかりと動かした分休息も与える。自分と向かい合うことのできる最高の時間。集中を楽しむアクティブプログラム「bodyART™ Training」にぜひご参加下さい。 
*ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座35】重力を味方にする 歩きやすくなるための股関節・体幹エクササイズ

2020年5月3日

10:00-12:00

4,800

35takahashi

講師:高橋 禎彦
(入谷式足底板上級スペシャリスト / たかはし整骨院院長)

歩行では、後ろ向きの床反力はブレーキです。前向きの床反力が身体重心を前方に押しだすことで、前方に転がるように楽に歩くことができるようになります。支持基底面における足圧中心(体重の一番多くかかっているところ)と身体重心の位置関係がポイントです。
足圧中心と身体重心位置に大きな影響を与える、股関節を中心に骨盤を動かす体操をご紹介いたします。股関節運動として骨盤を動かすことで、股関節の機能が向上するだけではなく、体幹では上部体幹と下部体幹を別々に動かすことができるようになります。
*ヨガマットをご持参ください。
 
(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・NSCA/CSCS、CPT

【講座41】日常生活動作の改善エクササイズ

2020年5月3日

10:00-12:00

4,800

41_hiroto

講師:廣戸 聡一
(一般社団法人レッシュプロジェクト代表/スポーツ整体「廣戸道場」主宰)

重力下で正しい身体の動かし方はどうあるべきか、何故、痛みは生じるのか、その根本を明らかにし、日常生活の中の立つ・歩く・座るといった動作において、個体特性に合わせた「正しい動き方」を導く姿勢(ニュートラルゾーン)の在り方と身体の使い方を、実際に動いて演習しながら学ぶワークショップです。脊柱の可動性を高めるコアシックス、5ポイントの機能を高め全身の連動を促すピンニング、軸を理解するリポーズのエクササイズを通し、リズムとダイナミクスを生む流れるような動きを完成させていきます。ジャンルを問わず運動指導者は是非御体験下さい!
※ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座59】スペシャルアクアダンス~無限大の可能性~

2020年5月3日

10:00-11:45

4,300

59matsuura

講師:松浦 翼
(AEA認定インストラクター/ハイドロ認定インストラクター)

水中と言う非日常的な特別な空間で、重力から解放されて全身を動かす事の出来るアクアダンスは、正に極上のプログラム。日々重力下にいる人の身体は、重力があるがゆえに不調を感じる事もあります。アクアダンスで人はどの様な効果を得る事ができるのか、どの様なアクアダンスをすればその効果を引き出せるのか?
講義では皆様とアクアダンスの可能性を考えて極上のアクアダンス、その答えを探していきましょう。実技では私の考えるアクアダンスをご披露させて頂きます。
会議室2(講義)⇒プール(実技)

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・AEA

【講座11】日常に生かすヨガの智恵

2020年5月3日

10:30-12:00

4,300

11_nakamura

講師: 中村 尚人(ヨガインストラクター / 理学療法士)

ヨガの実践を日常生活に生かす方法をお伝えします。悟りや解脱の様なインド文化や宗教的な側面よりも私たちの日常にヨガをどの様に生かすか、クリア、アーサナ、プラーナヤーマ、ディヤーナなど実践を通して体験して頂きます。どちらかというと解剖学・運動学的、人類学的側面から解説します。日々を穏やかに、健康的に過ごす秘訣をヨガから紐解きます。指導者から愛好者まで参加いただけます。
*ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座08】Glutes in Action

2020年5月3日

12:30-14:00

4,300

08_abe

講師: 岡部 友(NSCA-CSCS/ACSM-CPT)

ヒップトレーニングは、ポステリアチェーン、そして抗重力筋の核となる大殿筋や前額面姿勢制御のキーとなる中殿筋をはじめ股関節周囲筋の強化と可動性を高め、ボディメイクとしての美尻だけでなく、日常生活における姿勢保持や怪我・傷害防止、そしてスポーツの動作改善に極めて有効なトレーニングです。今回、機能解剖学に基づき、効果・効率・安全を実現する岡部友オリジナルのヒップエクササイズ Glutes in Actionを御体験頂きます。運動指導者は勿論、ヒップトレーニングを学びたい方は是非ご参加ください!
*ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座12】テンセグリティー・ヨガ

2020年5月3日

12:30-14:00

4,300

12aco

講師: A C O(テンセグリティー ・ヨガ代表)

テンセグリティー・ヨガでは、天地左右裏表の張力・圧縮力を感じながらポーズを取っていくことにより、体の想像力と心の柔軟性を育んでいきます。刻一刻と変わるテンションを身体感覚で微調整し続けることにより、知らず知らずポーズが瞑想へと進化していく状態を味わいます。
今回は特に陰陽エネルギーを取り入れたアプローチになっています。簡単なようで、実はとても深く繊細なヨガの新しい楽しみ方を体感していただけければ幸いです。
*ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座28】重みの身体と自然体について

2020年5月3日

12:30-15:30

6,500

28_nakamura

講師:中村 道紀
(楽伸流身体術理/フォームビルディングマイスター)

今年のテーマ「重力」―重みは、生命ある限り切り離せないものですが、その扱い方が上手くなることで、日常生活動作は劇的に変わります。この講座では、筋トレとは別の手法で、怪我を防ぎ、パフォーマンスを上げる方法をお伝えします。①生体型テンセグリティ・モデルにおける圧力の扱い方、②フォームビルディングにより重みを消す骨格の扱い方、③セントラルパターンジェネレーター的運用の発動で運動パターンを劇的に変える、主にこの3つを解説・演習します。次世代型日常生活動作における身体技法は運動学の盲点になりやすいところや身体の痛みやバランスの改善もアドバイスいたしますので、高齢者や低体力者の運動療法からアスリートの指導に関る方まで、ジャンルを問わず、どうぞ御参加下さい!

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座36】軸トレ5「 仰臥位~立位へ、荷重移動と対側 & 同側回旋軸 」

2020年5月3日

12:30-15:30

6,500

36_sato

講師:佐藤 拓矢
(AFAA cE プロバイダー/ゴールドジム公認パーソナルトレーナー)

重力の下、四肢を動かすこと、起き上がる、立ち上がる、荷重移動し歩を進める、これらを集約したのが「軸トレ」です。上肢~体幹~下肢への回旋連鎖エクササイズを「荷重移動と対側&同側回旋軸」をテーマに、床から立位のダイナミックな動きまで、多数紹介します。高齢者の脳トレにも活かせる、四肢の連動性を追求した、軸トレの集大成版です。軸トレならではの、重力の刺激と、立つ動きの改善を体感して下さい。ヨガマットなど、ご持参下さい。また、水中での軸トレ「Jikuアクア」も、比較してご体験下さい。
*ヨガマットをご持参ください。
 
(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・AFAA

【講座55】Re-education ~水中でつながるカラダ~

2020年5月3日

12:30-14:45

4,800

55murakamiogata

講師:
村上 理香(ミズノアクアアドバイザー/スタジオPYP主宰)
緒方 美保(MIZUNOアクアリーダー/横浜リゾート&スポーツ専門学校非常勤講師)

重力から解放された水中という環境内で①日常の動作や姿勢の癖によって凝り固まった筋肉や関節をほぐす②浮力やツールを利用して必要な可動域を引き出す③浮力や水の抵抗を利用して体幹部など、重力下で動くために必要な筋の出力アップ④不安定な環境下でバランス機能への働きかけ等を目的とし、動きの再学習・コーディネーションエクササイズを行い日常生活動作の質の向上を図ります。高齢者にも対応できるプログラムの提案をいたします。水の特性を有効に引き出すプログラムを是非体験ください。
※ミットをお持ちの方はご持参ください。
会議室2(講義)⇒プール(実技)

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・AFAA
・MIZUNOアクア

【講座09】加圧サイクル®トレーニング

2020年5月3日

14:30-15:30

katatsu

講師: 加圧サイクル® 白井啓之(加圧ウェルネス株式会社 取締役)

加圧サイクルⓇトレーニングとは、適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法です。徐々に圧を上げ、加圧除圧を繰り返しながらトレーニングすることで、成長ホルモンの分泌増加などにより、様々な効果が短時間・短期間・軽量負荷で期待できます。専用の加圧器具『KAATSUCYCLE2.0』を使用して、上腕二頭筋の基部や大腿部の基部に各個人に合った適切な圧をかけながら、目的に合ったトレーニングや運動を実施します。シェイプ、アンチエンジング、回復力アップ、筋力アップ、血行促進の効果がありますが、どなたでもご利用できます。このセミナーでは、加圧サイクル(r)トレーニングの仕組みを詳しくお伝えします。レッスンとレッスンの間の時間を加圧サイクルⓇトレーニングで付帯収入の向上に活用させませんか。
*フィットネスセッションの会期中、1Fブースにて体験会実施中です。
(料金:無料)

【講座10】機能改善のための Core Power Yoga CPY®メソッド

2020年5月3日

14:30-17:30

6,500

10motohashi

講師: 本橋 恵美
(一般社団法人 Educate Movement Institute 代表 /( 株)E.M.I 代表取締役)

日常生活やスポーツ競技のパフォーマンスを向上させるには、ベストなコンディションを保つことが必要で有り、それは傷害予防にもつながる。そのためには「モーターコントロール」の習得が必須であるが、これは身体の様々なシステムが協調して動き、制限や機能不全なくあらゆる動作を行える状態に導くことを目的とする。
アスリートのコンディショニングトレーニング、また運動療法としてリハビリテーションにも活用されているCore Power Yoga CPY®の真髄に触れていただきたい。
*ヨガマットをご持参ください。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI

【講座22】認知症予防 ~ トップアスリートの運動機能向上まで シナプソロジー®の新たな可能性

2020年5月3日

14:30-16:30

4,800

22_mochiduki

講師:望月 美佐緒
(株式会社ルネサンス 常務執行役員/シナプソロジー研究所 所長)

脳の認知機能を活性化させるメソッドシナプソロジー®。現在、インストラクターは約4500名(コーポレート含む)普及員は1万人を超えました。
またその展開は介護施設やスポーツクラブに留まらず、甲子園常連校やJリーグのチーム、またANA、ロート製薬といったトップ企業でも活用され、ベトナム・韓国など海外にも広がっています。
最新研究データもご紹介します。是非ご参加下さい。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・AFAA
・MIZUNOアクア

【講座33】姿勢制御を考慮したトレーニングの考え方 ~ 基礎動作を中心に ~

2020年5月3日

16:00-18:00

4,800

33oosone

講師:大曽根 聡
(ボディコンディショニングスタジオBlueBird/理学療法士)

ヒトはいかなる動作も抗重力で行っており常に姿勢制御が伴っています。運動の負荷量が自身の許容量を超えていたり弱化してる部位や悪い運動パターンが身に付いていると代償として一部分にストレスのかかる動きや筋活動として出現します。まずは基礎として派手なトレーニングでなくても出来るかぎり代償の少ない全身が意識された動きが大切です。本セミナーではトレーニングにおける姿勢制御の代償運動を基礎動作の中で確認しながら安全な動きの中で全身をトレーニングする方法例をお伝えします。
※シューズ不要
*ヨガマットをご持参ください。
 
(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・NSCA/CSCS、CPT

【講座40】ボールケア 〜ギムニク30で身体ケアの習慣化〜

2020年5月3日

16:00-18:00

4,800

05nakao

講師:中尾 和子
(NPO日本Gボール協会 副理事長)

ギムニク30は正座椅子として家具にもなり、くつろぎのクッションにもなり、また、ながら運動で快適に身体をリセットでき、理想のプロポーションを作ることにも役立つ優れたツールです。日常の生活の中でどのように使えるのか、空気圧の変化でどれほど用途を変えられるのか、身体ケアの習慣化を強力に促せるギムニク30の活用法をしっかり動いて体感していただきます。

ギムニク30を使用します。裸足・ヨガマットをご持参ください。出来ればギムニク30のボールケア冊子をお持ちの方はご持参下さい。

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・AFAA
・日本Gボール協会認定インストラクター

【講座58】骨盤・姿勢を整えるケア・アクアプログラム! ~リカバリーしたい方へ~

2020年5月3日

16:00-17:45

4,300

44fujiwara

講師:藤原 葉子
(健康運動指導士/Franklin Method Level3エジュケーター)

私たちは、地面を押す反力が、からだに伝達・連鎖し姿勢を作り出しています。呼吸・日常動作・思考も姿勢や内臓に影響を及ぼします。それらの習慣化されたリズムや癖が、歪みやストレスとなり、コリ・不快感・痛みとして表れて初めてからだやマインドに関心を持ち始める方が多いです。水中においても、呼吸・関節の動きが変化する喜びを体感できます。今回のプログラムは覚えるというより、理解することが改善に導くゴールです。今回の連鎖システムと説得力のあるティーチングを一緒に体験してみませんか? 乞うご期待! 深く学びたい方は、陸編をご受講ください。
会議室2(講義)⇒プール(実技)

(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・日本マタニティフィットネス協会認定インストラクター

【講座29】おばあちゃんたちのBIG3 椅子座小ボール運動

2020年5月3日

17:00-18:30

4,300

小山内 映子

講師:小山内 映子
(NPO法人らくらく健康隊理事長/日本Gボール協会セミナーリーダー)

このプログラムは介護施設の要介護4、5レベルの方の動きからヒントを得て構成しました。「立ちたい」希望を可能にする抗重力運動、みなさまご存じBIG3です。
椅子座位小ボール運動、シューズはなしでもOK!介護施設、フィットネスクラブ、公共施設などで、ロコモや転倒予防などの運動指導する方に参加して頂きたい内容です。現場での介護4,5レベルの方の様子。週一回、半年一年の継続した効果をお伝えします。それをイメージしていただくと個々のレベルに向けた運動指導が行いやすくなります。立つことは「気持ち良い」そうです。

 
(対象単位)
・健康運動指導士、健康運動実践指導者
・JAFA/GFI
・日本Gボール協会認定インストラクター